トレーニングコラム Day.8 | フォントレイアウトのジャンプ率

>> 初めての方    >> お問い合わせ    >> カート
封筒印刷・シール・ステッカー印刷のTHE PRINT
ログインID
ログインパスワード
会員登録
用紙サンプル(無料)
Myアカウント THE PRINTとは ショッピングガイド データ入稿ガイド よくある質問 お客様の声
オフセット印刷商品 価格一覧とご注文
> 封筒印刷
>> 封筒用紙セレクトガイド
>> 封筒サイズセレクトガイド
>> ベーシック封筒 シリーズ
>> ストライプ封筒 シリーズ
>> トラッド封筒 シリーズ
>> パール封筒 シリーズ
>> ヘビーウェイト封筒 シリーズ
>> ヴィヴィッド封筒 シリーズ
>> ブラック封筒 シリーズ
>> エコノミー封筒 シリーズ
> チラシ・フライヤー印刷
>> チラシ用紙セレクトガイド
>> チラシサイズセレクトガイド
>> 標準チラシ シリーズ
>> 短納期チラシ シリーズ
>> 大部数チラシ シリーズ
>> 厚手カード シリーズ
>> 高級チラシ シリーズ(準備中)
> オプション加工
> 名刺印刷

ザプリントスーパーデザイナーコラム

THE PRINT特徴
高品質オフセット印刷
Illustrator完全データ入稿
無料データ調整サービス
両面/全面フルカラー対応封筒
28種類のオリジナル封筒用紙
17種類の封筒サイズ
18種類のオプション加工
7日~14日の長納期
送料/税込み価格
コンタクト情報
会社名
株式会社スーパープリント
電話
こちらから(平日10時~12時/13時~17時)
お問い合わせメール
info@the-print.jp
お振り込み口座
みずほ銀行 横浜支店
普通口座 2895377
カ)スーパープリント

フォントレイアウトの決め手となるジャンプ率について

デザイナーがフォントのレイアウトを行う上で必ず配慮すべきことの1つに「ジャンプ率」の問題があります。ジャンプ率とはどんなもので、どのような効果をもたらすのでしょう。ここではジャンプ率と、そのほかにも考慮すべきフォントレイアウトに関わる基礎知識についてご紹介します。

ジャンプ率とは

ジャンプ率とは、本文の文字のサイズと、タイトルやキャッチコピー、見出しの文字のサイズの比率のことです。この比率が高ければ「ジャンプ率が高い」、低ければ「ジャンプ率が低い」といいます。

ジャンプ率の高低と与える印象

例えば同じポスターでも、キャッチコピーがドンと大きい文字で印刷されていて、ボディコピー=説明文の文字とのサイズ差とが激しい場合と、両者の文字のサイズ差があまり激しくない場合があります。前者はジャンプ率が高く、後者はジャンプ率が低いということになります。

ジャンプ率が高いデザインの例としては、スポーツ新聞の一面や、週刊誌のスクープ記事を思い浮かべればわかりやすいでしょう。ジャンプ率が高いと紙面(誌面)が派手になり、ダイナミックで行動的、若々しくメリハリがあってセンセーショナルな印象になります。

逆にジャンプ率が低い例としては、新聞のコラム記事、文芸誌の誌面、技術書、教科書などが挙げられます。保守的で知的、大人っぽく信頼感がある、あるいは堅苦しい印象を与えることが多いといえます。

ジャンプ率を調整する方法

ジャンプ率は、本文を1として、キャッチコピーや見出しの大きさがその何倍であるかを計算して、数字として表すことができます。スポーツ新聞の一面の大見出しのジャンプ率は13~17倍、一般的な雑誌の見出しのジャンプ率は4~5倍といったところです。ただ、グラフィックデザイン上のテクニックとして誌面にメリハリをつけるには、文字のサイズを変えるほかにも以下のような方法があります。

フォントの大きさを変える

まずはオーソドックスな方法です。ジャンプ率を調整するためにフォントサイズを変えてみましょう。見る人、読む人にどんな印象を与えたいのかを考えて、ジャンプ率を調整します。また同じキャッチコピーや見出しの中で、最初の一文字だけを大きくするなどのテクニックを使ってもメリハリがつけられます。

文字の太さを調節する

文字の太さを変える方法もあります。フォントサイズ自体は変えなくても、文字を太くすれば力強い印象を与え、目立たせることができます。逆に、フォントを細くすることは一般的にはできません。同じジャンプ率ですっきりと見せたいときは、線の細いフォントを選ぶと良いでしょう。

装飾を加える

装飾を加えることでも文字の印象を変えられます。影をつける、袋文字にする、反射をつけるといった方法があります。アプリケーションソフトの文字装飾機能を使えば操作は難しくありませんが、効果的に見せられるかどうかはデザインセンスが問われるところです。

カーニング設定を行う

カーニングは字詰めのことです。単に文字を流し込むだけではなく、文字と文字との距離を調整すると、ジャンプ率は同じでも印象が変わります。
キャッチコピーや見出しは文字間を調整することでぐっと締まった感じになり、バランスが良くなります。特にひらがなやカタカナが連続するときは空白が目立ってスカスカな見栄えになることがあるので、字間を詰めて調整しましょう。また、やり過ぎは禁物ですが、わざと字間を広くとって、ジャンプ率を変えずにメリハリを作り出すこともできます。

フォントの大きさやバランスに気をつけ、ちょっとした工夫をすればデザインはグッとクオリティーがあがります。上記を参考に、ジャンプ率やそのほかの方法を駆使してフォントのバランスを調整してみてはいかがでしょうか。

Day.9 日本語フォントの主な種類とそれぞれの特徴に進む→

このページトップへ移動

Myアカウント THE PRINTとは ショッピングガイド データ入稿ガイド よくある質問 トレーニングコラム
お知らせ
ショッピングカート
注文履歴(データ入稿)
決済情報(ご入金履歴)
取引情報(ご請求額照会)
配送先アドレス帳
会員情報修正
THE PRINTの特徴
できること、できないこと
安さの秘密
高品質の根拠
オフセット印刷について
THE PRINTの印刷機材
THE PRINTの使い方
納期
お支払い
送料と配送
キャンセル
品質
返品・返金・交換
再注文・増刷・データ保管
完全データ入稿とは
入稿方法
入稿用テンプレート
入稿前必須チェックリスト
商品別ガイド
ウェブサイト・ご注文
データ入稿
印刷・製品
送料・発送方法
お支払い
納期
キャンセル・返品
レイアウト
タイポグラフィー
色彩
印刷
名刺
飲食店販促
封筒印刷 チラシ・フライヤー印刷 オプション加工 トップページ    
封筒用紙セレクトガイド
封筒サイズセレクトガイド
ベーシック封筒
ストライプ封筒
トラッド封筒
パール封筒
ヘビーウェイト封筒
ヴィヴィッド封筒
ブラック封筒
エコノミー封筒
チラシ用紙セレクトガイド
チラシサイズセレクトガイド
標準チラシ
短納期チラシ
大部数チラシ
厚手カード
高級チラシ
オプション加工について
封筒印刷のオプション加工
チラシ印刷のオプション加工
無料データ調整オプション